不動産購入・売却の手順

三和商事は地域密着40年!だから安心

当社は昭和44年創業で、地元密着のスタイルを貫いています。三和商事の免許番号は【新潟県知事免許(11)第1969号】です。カッコ内の数字は免許の更新回数で、現在更新は5年に1度です。つまりカッコ内の数字が大きいほど長く地元で営業してきた会社ということです。当社は長年の不動産経験を活かし、様々なケースでの不動産売買にご協力できると自負しております。こんな不動産売れない…価値がない…などと思わずに、まずは経験豊富な当社までご相談ください。

不動産購入の流れ

1.まずは物件探し
希望条件に優先順位をつけて、物件を探しましょう。
当ホームページは、地域物件の新鮮な不動産情報を多数載せています。
ただ、売主様の都合でHPに掲載できない物件や、
HPに掲載する前に当社に登録されたお客様できまってしまう物件、人気が有りHPに掲載してもすぐに成約してしまう物件などもございます。

また、不動産は一点ものですから、どうしても早い者勝ちになってしまう点も否めません。
気になる物件や、気になる地域がありましたら、お早めにご相談ください。


2.購入相談をする
気になる物件があったり、また地域限定や条件限定の場合は当社までご相談ください。
希望条件をしっかり伝えたいお客様やご質問の答えをすぐ聞きたい方はお電話にて、探し始めたばかりで、じっくりと探したいお客様はメールフォームからお問い合わせいただければ、当社のスタッフが誠心誠意、対応させていただきます。

お客様の嫌がるような営業はおこなっておりませんので、安心してご連絡ください。

ご相談をいただきますと、お客様の希望物件や希望条件を詳細に聞かせていただきますので、 新居への夢や希望をおおいに語ってください。
当社の保有する全物件情報からお客様に最適な物件をご提案いたします。
(物件情報は表に出ているもののほか、既存顧客様にしかご紹介できないものもあります。)

不動産のプロフェッショナルとしてご相談にのらせていただきますので、ご遠慮なく、ご質問やご不安に思っていることなどをお聞かせください。


3.資金計画を立てる
安心で安全な住まい探しの第1歩は資金計画から始まります。
苦労して気に入った物件を見つけても、資金計画がたたなければ購入できません。

物件探しの初期段階で購入予算をしっかりと決めておくことは、後々物件を探すときに、非常に重要になってきます。
一番多くいらっしゃるのが、インターネットなどで資金計画をおこない、自分は大丈夫!と思っているお客様が、思ってるほど借り入れがでずに購入を断念されるケースです。

実際にお客様が支払える、借りられる、と思っている金額と、金融機関から借り入れられる金額は大きく違うことがあります。
(年収はもちろん、勤務先や勤続年数、職種などによっても融資額は変わります!)
大変な物件探しを「骨折り損」にしないためにもまず最初に、しっかりと資金計画をおこなっておきましょう。

当社では、お客様の予算内での物件をしっかりとご紹介させていただくために、あらかじめ資金計画を行い、無理のない返済プランで不動産購入に備えていただいております。
ご不明な点は、ご遠慮なくスタッフにお尋ねください。


4.物件を見に行く
購入相談もバッチリ、資金計画も大丈夫となったら、いよいよ物件を見に行きましょう!

建物の経年変化の状況や、天井高などによる実際に感じる広さ、近隣建物などの状況による開放感など、実際に物件をみないと、間取り図だけではわからないことがたくさんあります。
(我々不動産屋でも間取り図だけではどんな物件か正確に判断できません!)
少しでも気になる物件がありましたらまずは実際にご覧になってみることをお勧めします。

物件案内の際は、スタッフが実際の物件をみながら、法令上の制限や設備、建物の状況や付近の環境などのご説明させていただきますので、参考にされながらご覧ください。

※インターネットや広告で見つけた物件を直接見に行ってしまう方もいますが、中古物件の場合はまだ売主様がお住まいの場合がありますので、中を見ることもできず、売主様や付近の住民の皆様にご迷惑をかけることにもなってしまいます。
ご相談、ご予約いただいたうえで、ご案内させていただきますようお願いいたします。


5.購入契約の手続き
物件を実際に見て、購入を決断したら、売主様に対し「不動産購入申込書」を提出します。
こちらをもって、まずは物件の「購入交渉の優先順位の予約」となり、契約にむけて準備をおこないます。

 (1) 不動産購入申込書を売主様に提出します。
 (2) 住宅ローンの事前審査を行います。

 (3) 引渡し時期などの条件面で売主様と交渉をおこないます。
 (4) ご契約前の説明と重要事項説明を行います。
 (5) 不動産売買契約の締結と手付金等の支払いを行います。


6.住宅ローンのお申し込み
不動産売買契約を無事に締結したら、金融期間へ住宅ローンの本申し込みを行います。

事前審査で確認が取れていると、ほとんどの場合、融資の審査はスムーズにすすみます。
(事前にしっかりとした資金計画をおこなっていることが大事です)

実際のローンのお借り入れでは申し込み金融機関により様々な商品がありますので、お客様にとってベストなものを選んで申し込みをします。

当社でご契約いただきますと、提携金融機関によっては優遇金利等が受けられる場合があります。
また、リフォームや購入にかかる諸経費文もお借入できるローンもあり、種類も様々です。

優遇金利には条件等もございますので、ご不明な場合は何なりと担当者にお尋ねください。


7.契約の履行と引渡し
実行された住宅ローンと自己資金で残代金の支払いを行い、同時に所有権移転等の登記手続きをとって物件の引渡しを行います。

登記手続きは信頼できる司法書士の先生にお願いしますが、お知り合いの先生がいましたらその方にお願いすることもできます。
(融資を希望される場合、金融機関により司法書士の先生が決まっている場合がございます。)

(1)敷地境界や付帯設備などの現地最終確認を行います。

(2)残代金支払いと登記移転等の手続き


8.引越し&新居入居
引渡しが終わりましたら、物件は買主様のものです。引越しの計画を立て、いよいよ新しい新居に入居です。

当社にて提携引越業者もご紹介が可能ですので、ご用命がありましたらお声掛けください。

不動産売却の流れ

1.まずはご相談ください
お客様の売却事情やスケジュールなどによって、売却の方法やタイミングなどが違ってきます。

物件の現在相場や、売却価格のこと、売却物件に対するローンの残債や、もろもろの諸費用、売却した際の税金についてなど、お客様のご事情に合わせてアドバイスを行います。

住み替えの場合は新規物件のご紹介とタイミングをあわせたうえでのご提案などもさせていただきますので、まずはご相談ください。

当社は売り急がせたり、買い急がせたりということは一切ありません。


2.物件の調査、および売却価格の査定
お客様から不動産売却のご相談をいただいた後、当社にて当該不動産物件売却の調査および価格の査定を行います。

役所調査、法務調査、市況調査、そして物件自体の調査を経て不動産物件が「売れる価格」での査定を行います。

相場以上の高値をつけすぎては物件が売れず、物件売却期間が長くなります。

住宅ローンの支払いなどが残っている場合は、「売れる期間」も大切ですので、当社では「売れる価格、売れる期間」をプロの目から見た査定判断でご提案いたします。


3.不動産売却の契約(媒介契約)
査定の結果に基づき、当社とお客様で不動産を販売するための契約(媒介契約)を行います。
媒介契約には3種類ありますが、当社では安心な専任媒介契約をお勧めしています。

1.専属専任媒介契約
・ お客様はほかの不動産会社との売買契約はできません。
・ お客様は自ら見つけた購入希望者との契約はできません。
・ 当社はお客様に1週間に1度販売活動の状況を報告しなくてはいけません。
・ 指定流通機構(業者間のデータベース)に5日以内に登録いたします。

2.専任媒介契約
・ お客様はほかの不動産会社との売買契約はできません。
・ お客様は自ら見つけた購入希望者との契約が可能です。
・ 当社はお客様に2週間に1度販売活動の状況を報告しなくてはいけません。
・ 指定流通機構(業者間のデータベース)に7日以内に登録いたします。

3.一般媒介契約
・ お客様はほかの不動産会社との売買契約ができます。
・ お客様は自ら見つけた購入希望者との契約が可能です。


4.当社の不動産売却活動の開始
契約が終わりましたら、いよいよ物件の売却活動の開始です。

当社の既存顧客へのご紹介をはじめ、インターネット広告や新聞折込などを使った広告活動、当社業界ネットワークを使った物件流通手法を使い、お客様のご希望がより早く実現されるよう努力まい進いたします。


5.売却契約の手続き
販売活動をおこなって、お客様の物件を買いたいという買主様があらわれ、売買条件で合意すると、諸条件を充分に確認した上で、不動産売買契約を締結します。

法的な制限などがございますので専門的な契約書の作成はもちろん当社がおこないますが、契約内容等はご不明な点がなくなるまで十分にご説明させていただきます。

実際の契約の場では、物件の重要な事項について買主様に説明する「重要事項説明」に立会っていただいた後、不動産売買契約書を締結します。その際に買主様から手付金を預かります。


6.契約義務の履行(引渡しの準備)
無事に不動産売買契約の締結をおこなった後は、買主様への引渡しに向けて準備をおこないます。

お住まい中の場合は公共料金の精算や、引越しをおこなって引き渡せる状態にしたり、残債がある場合は返済を銀行に申し出て、抵当権抹消の準備をおこなったりします。

もちろん、当社スタッフが準備の方法をご案内させていただきますので、ご不明な点は納得いくまでお聞きください。

契約後には、記載された条文に基づいて権利や義務を履行しなければならず、お客様には所有権移転登記申請、物件引渡しなどの義務が発生します。
違反した場合の罰則もありますので、当社スタッフと協力して準備をおこなっていきましょう。

特に買い替えの際は、売却代金を購入資金に充当する場合などもあり、そのケースの場合は、一時的な仮住まいをしたり、売却物件の買主様の入居のスケジュールを調整するなど、様々な調整が必要になってきます。
その調整についても当社スタッフが全力でサポートして引き渡しを行いますので、安心してお任せください。


7.残金決済と物件の引渡し
残金決済では、買主様から売却代金の残金を受け取り、司法書士の先生にお願いをして所有権移転の申請をおこないます。
残債があり、売却代金で返済をおこなう場合には抵当権抹消も一緒にお願いをします。

残金を受け取り登記の申請が済むと、鍵を渡して物件のお引渡しをおこないます。
付帯設備などもふくめて契約に定めた内容で引渡しを行ないますので、物件の状況を事前に確認しておきましょう。

ご売却したあとも、確定申告などの税務処理が必要となります。

その際も当社で全力サポートいたしますので、お気軽にご相談ください。